浦和リトルQ&A

入団テストはありますか?

【Q】入団テストを行っているチームもあるようですが、浦和リトルも体験期間で実力を判断して、体験期間満了時に入団を許可しないようなことはあるんですか?

 

【A】そんな心配は、まったくありません。浦和リトルへの入団希望者をリーグの方から断る理由はありません。体験期間は、選手がチームに慣れるための準備期間です。浦和リトルでやっていく準備が整えば、体験期間満了しなくても、正式入団に切り替え可能です。

 

最初からリトルは無理ですか?

【Q】リトルは将来プロ野球を目指すような人が集まっているんですよねえ。うちは両親とも運動してなかったし、子供は野球やりたがっているけど、リトルは無理ですよね?

 

【A】どんな子でも、やる気をもって、ちゃんと練習すれば、上手になります。現在所属している選手の父母も、野球経験の無い人は多いですよ。リトル出身のプロ野球選手は、全日本リトル野球協会のホームページで公開されています。

 

硬式ボールは怪我が心配ではないですか?

【Q】リトルは小さい子が硬式ボールを使うので、怪我が心配ではないですか?

 

【A】小学校3年生以下は、軟式ボールよりも柔らかいティーボールを使用して、野球の基本を学びます。4年生以上であっても、怪我をしないように、基本的な技術から教えるので、問題はありません。

 

連投などで肩を壊さないでしょうか?

【Q】リトルは本格的なので、大会を勝ち進むため、限られたピッチャーが連投で、肩を壊すこともあるんでしょう?

 

【A】リトルは世界的に、ルールで投手を手厚く保護しています。たとえば、1日に投げられる最大は6年生でも85球だけ。連投も禁止です。なので、まったく心配いりません!

 

学校行事がある場合はどうしたらよいでしょうか?

【Q】リトルは本格的なので、運動会などの学校行事で練習を休んじゃいけないんですか?

 

【A】学校行事が優先です。確かに公式戦の日に運悪くぶつかってしまえば、せっかくその日のために練習してきたので、なるべく個人的な用事については、調整して欲しいと思います。

大会前には、学校行事等で休む予定を、事前に監督・コーチに連絡を入れて調整していますので、事前に相談していただければ十分両立可能です。

浦和シニアへの入団について

【Q】浦和リトルを卒団したら、浦和シニアに入る必要あるんですか?中学は、学校の野球部でやらせたいと思うのですが?

 

【A】そうですね。できれば、せっかくなので、浦和シニアに入って欲しいと思います。ただ、現実問題として、リトル卒団後の進路は、各選手の事情で異なり、浦和シニアに行かない人もいます。

 

送迎について

【Q】うちは夫婦共働きで、土曜日も仕事があるので、土日とも練習につれてくるのは難しいのですが。。。

 

【A】現在所属している選手の父母で、土日に仕事がある人もいます。朝つれて来て、夕方つれて帰る人や、近くの選手の父母に預ける人もいます。少し工夫すればどうにかなるので、そんなことのために子供の可能性を奪わないで欲しいと思います。

 

体験期間中の練習時間について

【Q】練習時間は、9:00~16:00とありますが、体験期間中も同じですか?

 

【A】基本的には同じです。ただ、まだ浦和リトルの値踏みをしている状態だと思うので、土曜または日曜だけとか、午前または午後だけとか、ご家庭の事情により相談頂ければと思います。

 

お友達を連れてきていいですか?

【Q】近所の子供で、野球をやりたいって子がいるんですが、一緒につれてきても良いですか?

 

【A】もちろん大歓迎です。体験だけであれば、お父さんお母さんの了解を得た上でつれて来て頂いて構いません。ただ、保険のこともあるので、お父さんお母さんの連絡先だけは、監督、コーチに伝えてください。

 


バットのご紹介